Carepro - One coin medical checkup for medical marginalized

Carepro - One coin medical checkup for medical marginalized

Japan
Budget: 
$1 million - $5 million
Project Summary
Elevator Pitch

Concise Summary: Help us pitch this solution! Provide an explanation within 3-4 short sentences.

予防医療のハードルを低くして、より多くの人々に健康の気づきを与える。
これまで健診を受けていなかった人々に血糖値やコレステロール、中性脂肪、骨密度、肺年齢、ドライアイなどが1項目500円から受けられるワンコイン健診を提供する。
この活動を広げるために、ベストプラクティスを提示し、他の組織や制度への影響力の行使を行っていく。

About Project

Solution: What is the proposed solution? Please be specific!

看護師の補助のもとで、顧客が自分で指先から使い捨ての針で自己採血を行って検査を行う。これにより、医療行為にならず、医師を置かないで検査を行えるところが今までにないところ。 医師の人件費がかからないため、1項目500円という安価な価格設定が実現し、所得が低い層でも利用できる。 予約や保険証は不要で、検査結果はその場で10分以内にわかり、結果は携帯サイトやWEBサイトでも閲覧でき、継続的に利用することで、データの変化がわかるようになっている。 そして常設店以外に看護師が出張し、駅ナカやショッピングセンターなどの生活導線上でイベントを行うことで、市民が通勤や通学、買い物の途中に利用できる。
Impact: How does it Work

Example: Walk us through a specific example(s) of how this solution makes a difference; include its primary activities.

ワンコイン健診のシステム開発に1年かけた。検査機材の仕入れ、マクロ調査およびヒアリング調査による価格設定を行い、ビジネスモデル特許の申請や検査結果サイトの管理システムを構築した。 その後、常設店舗の設置や出張サービスの展開などの事業を開始して様々なモデルの検証に3年をかけた。各事業モデルの収益性と成功要因を見極めた。 今後は確立された事業モデルを選択し、資源集中して、事業規模を拡大成長させていく。
About You
Organization:
Carepro
About You
First Name

Takashi

Last Name

Kawazoe

About Your Organization
Organization Name

Carepro

Organization Phone

03-4588-6728

Organization Address

Tokyo

Organization Country

, 3

Country where this project is creating social impact
How long has your organization been operating?

1‐5 years

The information you provide here will be used to fill in any parts of your profile that have been left blank, such as interests, organization information, and website. No contact information will be made public. Please uncheck here if you do not want this to happen..

Innovation
What stage is your project in?

Operating for 1‐5 years

Tell us about the community that you engage? eg. economic conditions, political structures, norms and values, demographic trends, history, and experience with engagement efforts.

人口約1億2千万人の日本において1年以上健診を受けていない方が約4千万人存在している。
日本で健診を受けていない人々は、健診の機会がないフリーターや健診の機会が与えられていても育児や家事で忙しい主婦や日中は仕事で離れられない自営業者などである。
健診を受けにくくしている要因として「病気になったら病院にかかればよい」と思っていて病気を予防することの重要性を認識していないことや、重要性を認識していたとしても「時間がない」「面倒」「費用が高い」といったことが挙げられる。

Share the story of the founder and what inspired the founder to start this project

東京大学病院で看護師として働いていた時に、糖尿病で入院した患者さんが糖尿病の合併症で足を壊疽させて、入院した次の日に足を切断しなければならない現場に立ち会った。
その患者さんはフリーターで会社の健康診断がなく、気が付いた時には遅く、最終的には透析になり、仕事も失い生活保護となり、年間約600万円の医療費が税金から支払われることになった。
日本では生活習慣病が死因の6割、医療費の3割を占めており、生活習慣病予防は国家的な課題であるにもかかわらず、健診受診率は4割と低い状況に危機感を抱いた。
そして患者さんに「どうして健診に行かなかったのか」「どうしたら行ったのか」ということを聞きながらワンコイン健診を構想し、患者さんにワンコイン健診を作ることを約束して、プロジェクトを立ち上げていった。

Social Impact
Please describe how your project has been successful and how that success is measured

持続可能な事業として成長しながら、一人でも多くの人々に健康の気づきを与えることが指標。
これまで約7万人の方にワンコイン健診を提供し、異常値が出た方が約3割だった。医療機関への早期受診につながったケースや生活習慣を改善して検査数値がよくなったケースが出てきている。
また200以上のマスメディアに取り上げられ、日本には健診を1年以上受けていないフリーターや主婦、自営業者が約4000万人いることやそのような方々がこれまで「面倒、機会がない、費用が高い」という理由で予防医療システムの網の目から抜け落ちていたこと、さらに、ワンコイン健診によってそのような健診弱者を救うことができることをマスメディアを通して啓発することができた。
正社員が9名となり事業拡大をしている。

How many people have been impacted by your project?

More than 10,000

How many people could be impacted by your project in the next three years?

More than 10,000

Winning entries present a strong plan for how they will achieve growth. Identify your six-month milestone for growing your impact

健診を実施していない中小企業への訪問健診を開始する。

Task 1

訪問健診のサービスパッケージを作る。

Task 2

訪問健診の営業を代行する営業代理店を確保する。

Task 3

健診を実施していない中小企業に訪問健診を開始する。

Identify your 12-month impact milestone

ワンコイン健診のフランチャイズ展開を開始する。

Task 1

フランチャイズシステムの開発を行う。

Task 2

フランチャイズ先を確保する。

Task 3

フランチャイズを開始する。

How will your project evolve over the next three years?

延85万人に利用される規模となり、大阪と名古屋に支社が設立され、地域拡大している。
地域の潜在看護師の中でミッションに共感する仲間に対して本システムを提供し、地域の雇用創出を行いながら、地域展開していく。

Sustainability
What barriers might hinder the success of your project and how do you plan to overcome them?

保健所からの不合理な行政指導が阻害要因になるが、予防医療としての意義を学術的に証明することと、安全面などを担保するためのマニュアルを整備し、教育システムを構築する。
イベントによって業務量が変動する検査機材のロジスティクスはアウトソースする。
同様にイベントによって必要人数が変動する人材は派遣会社と提携して安定供給する。
事業成長に必要な資金は株式上場はしない前提で株式または転換社債による調達を行い、同時に銀行借り入れも行う。

Tell us about your partnerships

・広告代理店やPR会社がイベントの営業代行をしてくれる
・鉄道会社や小売事業者がイベント場所の提供をしてくれる
・インターン斡旋団体が、ミッションに共感する大学生インターンのあっせんをしてくれる
・検査機材のロジスティクスを専門業者がアウトソースしてくれる
・イベントスタッフの手配を人材事業者が行ってくれる
・経理や税務を会計事務所が行ってくれる

Explain your selections

・ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京
知り合いの紹介で団体のことを知り、様々な専門的スキルを持った社会人の方々がボランティアで経営課題を一緒に解決してくれるため、リソースの少ない自社の弱みを補ってくれると思い、支援を受けることを決めた
・慶應義塾大学KIEP
大学の先輩の紹介で団体のことを知り、様々な企業とつながりがあり、パートナー企業の開拓支援を期待して、支援を受けることを決めた

How do you plan to strengthen your project in the next three years?

現在の社内の若手2名を執行役員にして大阪支社と名古屋支社を展開して地域拡大していく。
そして、鉄道会社との提携を結び、駅ナカで8店舗を展開している。
出店地の保健所や医師会とは連携体制を築いている。
イベントは3年後の最終月には毎月約350件程度実施している。
また、我々のシステムを約70社に提供し、フランチャイズシステムを約70社に導入する。

Challenges
Which barriers to health and well-being does your innovation address?
Please select up to three in order of relevancy to your project.

PRIMARY

Limited access to preventative tools or resources

SECONDARY

Limited diagnosis/detection of diseases

TERTIARY

Lack of physical access to care/lack of facilities

Please describe how your innovation specifically tackles the barriers listed above.

糖尿病や脂質異常症、高血圧、骨密度、COPD、肝機能障害などの検査を1項目500円から提供している。予約や保険証は不要で、検査結果はその場で数分でわかり、結果をWEBサイトやモバイルサイトで管理できる。また、商店街や駅ナカ、フィットネスクラブやドラッグストア、パチンコ店など生活導線上でこれらのサービスを利用することができる。

How are you growing the impact of your organization or initiative?
Please select up to three potential pathways in order of relevancy to you.

PRIMARY

Influenced other organizations and institutions through the spread of best practices

SECONDARY

Leveraged technology

TERTIARY

Grown geographic reach: Global

Please describe which of your growth activities are current or planned for the immediate future.

業界団体を設立して健診制度の改革を行い、企業や自治体の健診に組み込まれている。
検査機器の共同開発を進め、より多くの検査項目を安価に早く検査できている。
看護師の業務拡大の法改正によって看護師が初期診断を行えるようになり、早期治療につなげている。
グローバル展開をしている。

Do you collaborate with any of the following: (Check all that apply)

Government, Technology providers, NGOs/Nonprofits, For profit companies, Academia/universities.

If yes, how have these collaborations helped your innovation to succeed?

・内閣府の調査プロジェクトを受け、健診弱者の実態調査とワンコイン健診の意義に関する調査を行っており、市場の明確化とワンコイン健診の有効性を証明する上で役に立っている
・技術提供者が新たな検査機器の開発を進めることで、検査項目が増え、より安価に早く検査できるようになる
・ミッションに共感する大学生インターンのあっせんにより将来プロジェクトの中核を担う若手人材の確保ができる
・出店場所の確保、ロジスティクスのアウトソース、イベント人材手配協力、データ管理などで提携

randomness